ブログ

HyLife Pork TABLEとのコラボ料理-カナダ産豚と国産野菜の可能性-

(今日の一言:アレっ、品の良いベトナム人が日本の野菜を売ってるんだけど)

HOME >> コラム >> 農業会社社長のど素人が激戦区で飲食店を経営してみた-飲食ビジネスの表と裏- >> HyLife Pork TABLEとのコラボ料理-カナダ産豚と国産野菜の可能性-

 

どうも~ IT系集客サービスのテレアポインターから千代田区で八百屋とお弁当屋をやってる「アキマル」です。テレアポは①マインド ②リスト集め&整理 ③スクリプトからクロージング など電話一本で最強のスキルが身につく仕事(修業?)です。ロマンを求めても失敗するのが大半、袋小路になって儲けに走っちゃう人多き現代!でも、このスキルを体得できればどんな時代でもどんな仕事でもこなせるから、仕事で困ることはありません。

恋愛の第一印象もそうだけど、動画も始めの30秒のタイトルが勝負

さて、前回は上記URL先の様に動画マーケティング初級について言及しましたが、今回ってのはもっと現実的な商売の話をしちゃいます。それってば、やっぱ日銭至上主義でオラオラ毎日稼いでいる飲食店同士、もっといえば異業種が有機的に結びついて儲けちゃう話だな。

 

 

カナダの自然と愛情が生み出した三元豚で有名な「HyLife Pork(ハイライフポーク)」。この味に惚れ込んだイタリアンレストラン「LIFE」オーナーシェフ相場正一郎がプロデュースし、代官山に「HyLife Pork TABLE」ってのが生まれたんだ。「HyLife Pork TABLE」は、HyLife Porkを使ったさまざまなメニュー提案に加え、ご家庭でHyLife Porkを楽しんでいただくためのワークショップも開催し、「お客様に喜んでいただけることを最優先する」という文化を尊重しているレストラン、、これって凄ぇイケてるんだと思うんだ。まぁ、バックボーンが飲食屋ではなく、うちの会社みたいに飲食店を出口戦略の一環として考えている企業ってのは、従来の飲食屋と違うってのは絶対的で、、どっちが甲乙かってのは置いとこうぜ。

 

 

そんな企業文化に感銘した我々ってのは(我々って使うと使命感でるよね)、「HyLife Pork TABLE」と共に、代官山で働く方や住んでいる方々に共に何かできないかと鑑みた結果、六次産業化に向け、国産品とのコラボ商品やマルシェを開催することが先決だと判断したんだな、、それって諄いけど飲食屋じゃないからね。驚くことに、刈谷農園の有機JAS生姜を使ったジンジャーエールとハイボール、これは事業を開始した直後に生まれた商品なのですがね、こういった「HyLife Pork TABLE」のスピード感!こんな柔軟でマッハな速さでTPPなんて起こされたら、日本はヤバいよね。まぁ、オレが守るけどな(必殺、使命感)。

 

 

高知県産、岡崎農園のフルーツトマトを使って。

マッハで完売。

ヤバい、スピードって。

 

 

広島県産、ミッチー農園のホワイト&グリーンアスパラ

何これ!?しゃれおつ、過ぎだろ。

オレのボケをマッハで返すカナディアン

ヤバヤバだな、おい。

 

 

そして、スピードにデザインって、鬼に金棒的な存在エンチャント様様のデザイン力ってので、ロマン度数がMAX状態のプロジェクト。きゃー、素敵って、、思うのが素人ちゃん。まぁ、ブームってのが怖いんだが、こんな断片的な情報だけ鵜呑みにしちゃう素人ちゃんが多いから、世の中アレなんだ。もっと全体的ってかグランド的デザイン構想、マクドナルドやハーゲンダッツ的さくら戦法などなど、まぁいろいろ駆使して、そんでも失敗しちゃうのが景気どん底時代なう。

商品力でぶっこむか、お祭り感をどう演出するか、顧客リレーションシップってのをどう位置づけるのか。まぁ、オレは良いモノ見つけて、売れるようにどう設計するかが仕事なんで、その領域のプロたちと必死っていう魔法の言葉とともに、いい仕事にするよう努力するぜ。まぁ、答えはとてもシンプル。売って、売って、売りまくる事。それが一番です。でも、売るのが疲れたあなたを癒す存在、そんな天使なようなシステムを設計したいのが、またロマン。

・・・、おいおい。全く中身の無い記事だな。次回は、機能性など商品力や販売戦略について書くので、乞うご期待ください。

現在、農家&食品中小メーカー&飲食店ネットワークの構築に奔走中です。詳細を知りたい、そのネットワークに興味ある方は下記より気軽にお申し付けください。良いモノつくって、持続可能な価格で売って、買った人が心も体もハッピーになる時代、つまりは医学予防に食農は必要なんですよ、それは医者じゃななくて、あなた達しかできませんよー。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 各種ご相談・お問い合わせはこちらから
http://everybodys-nougyou.com/?p=31

◇ 当社商品のご購入はこちらから
http://everybodys-nougyou.net/
発酵食品.tokyo
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]

  • HyLife Pork TABLEとのコラボ料理-カナダ産豚と国産野菜の可能性- はコメントを受け付けていません。
  • 飲食ビジネス

関連記事

コメントは利用できません。

SHOPPING

PROJECT

ページ上部へ戻る