病気と食物ホルモン

  1. 種無しぶどうを作るにはジベレリンが必要-タネなし果実が生まれる原理-

    タネが有る!無し!で何かと話題のぶどう・・・種があると嫌だという方も入れば、一方で種があるブドウの方が美味しい!という方に分かれつつも、そもそも今では「ぶどう=種が無い」と思っている子どもが大半? 食育の議論にも上がる、やはり何かと話題のブドウ・・・これは「ジベレリン」という食物ホルモン、正...

    続きを読む
  2. 食物ホルモンの定義と動物ホルモンとの違い

    食物ホルモンとネットなどで調べると、それは、植物の体内で生産され、植物の成長を微量で調節する低分子量有機化合物と定義され、主にオーキシンの他、サイトカイニン、ジベレリン、アブシジン酸、エチレンなど8種類が知られています。要するに、植物が自ら合成し、植物の中で働く物質です。

    続きを読む
  3. 抗酸化では意味が無いので還元を考える-酸化と還元-

    食品における〇〇が抗酸化による老化防止の効果がある!とテレビや雑誌、またはインターネットなど媒体で広がっているので「酸化」⇔「抗酸化」と勘違いしている方も多いようですが、学校の理科の授業で習ったように「酸化」⇔「還元」が正解です。

    続きを読む
  4. 孟宗竹エキス「バンブリアン」の植物ホルモンを利用して飲食に活かす

    食物ホルモン、特に孟宗竹の特性である匂い防止と還元作用を利用して、御茶ノ水ビンデンでも10年以上、健康的な料理と綺麗な厨房を維持できております。

    続きを読む
  5. 孟宗竹エキス「バンブリアン」を農業分野で活かす方法

    孟宗竹から煮沸法により抽出したエキスをベースにした「バンブリアン」は、ハーブその他エキスを目的に応じてブレンドした食物であり、主体は還元ホルモンです。農業の主体は植物です。多くの植物は土の中と外では全く反対に作用することがあります。

    続きを読む
ページ上部へ戻る