ブログ

香港の高級スーパーでは日本産が大人気?-お酒編-

HOME >> 記事一覧 >> 香港の高級スーパーでは日本産が大人気?-お酒編-

 

【前回のおさらい-香港の高級スーパーにて-】

■ 「無いものはない!」というくらい日本産食品は浸透している

■ 「安全安心・高品質」というイメージにより”他国産”より優位にたっている

■ アルコールの消費拡大(14億9,500万円)で、日本酒の輸出も増加傾向

■ 他国の追随、家庭料理まで浸透するには宣伝(教育)が必要

 

(*)ゲームの世界ではありません。九龍・香港島の超高層ビルです

 

「香港で新潟の酒を売り込んでいるよ!」

香港では試飲や販売を行う大規模なフェアで、日本酒や焼酎の蔵元や関係者が

中国本土から訪れた貿易業者などに売り込んでいると聞きます。

(*)アルコール度数30度までなら関税が無税

 

そこで、今回は株式会社小島洋酒店の小島さんと

香港市場視察およびインポーターとの商談で香港にやって参りました。

 

 

ウィスキーやワインと並んで…日本酒が陳列されてます!

高級スーパーでは、日本酒がずらっと並んでます。

 

また魅せ方や、豊富な種類や飲み方を知ってもらうなど創意工夫が目立ちました。

それは伝統工芸(徳利・おちょこ)を横に並べるなど興味を引き出す工夫、

日本酒の歴史や醸造過程など日本酒の説明などです。

 

 

日本酒の取り扱い状況をみると

① 同一銘柄でも何種類もの味が展開されている

②国内でも手に入らないような銘柄が入手できる

③大吟醸、純米大吟醸が多いが、まだまだ大手メーカーの日本酒が中心

 

 

男性は大吟醸が好きみたいで、

香港人曰く「日本酒は焼酎と違ってライバルとなる酒が少ない」

ゆえにまだまだ消費を拡大できる余地があるとのこと。

 

一方、女性には梅酒や果実酒が人気みたいですね。

国内ではフルーティな日本酒が多くなったと説明した際、

なぜ日本酒の強みを生かさないのか?と不思議がられた。

 

和食以外にも合う「日本酒」を提供することにより、

世界での日本酒の消費量を上げたいのだ!と説明すると…

 

中華料理には中華料理に合う酒やお茶・・・

和食には和食に合う酒(つまり日本酒や焼酎)やお茶・・・

という方程式があるので、難しいと思うよーの一点張り。

「周りの席を見てご覧よ 」と云われて、すこし納得してしまった。

 

それよりも先決してやる事、というか彼らのニーズを聞くと

①生酒やもっとレアな日本酒が飲みたい

(*)高額でも希少価値があれば中国本土に売るみたい

②関心があるので、もっともっと日本酒のフェアや説明会を開いて欲しい

③日本酒の作り方や、こだわっている要素を知りたい

 

国内同様に、日本酒の作り方やこだわり、

そして味の違いを知りたいと思っている方が多い。

「これからもっと自分に合う日本酒を見つけたい」

という言葉に集約されていると思う。

 

 

モノによっては日本酒の品質保持のために温度管理が必要です。

冷蔵保存するスーパーマーケットも見かけますが、

プロの方曰く「まだまだ温度管理や、それに向けた対策が必要」とのこと。

 

さて、最後になりますが、

香港富裕層の会社(倉庫)を案内していただいたので少し公開したいと思います。

 

 

流石、日本のウィスキーは世界でも大人気ですね。

コレクター曰く「世に出回っている本数、熟成された酒のあの余韻が大事」とのこと。

 

ウィスキーやワインは熟成されて、年数によって価値が変わりますね。

そこで、それを日本酒(古酒〇〇年)で対抗しようとする若者が・・・

果たして、コレクターやインポーターの反応はいかに?

100万ドルの夜景に乾杯。

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 各種ご相談・お問い合わせはこちらから
http://everybodys-nougyou.com/?p=31

◇ 当社商品のご購入はこちらから
http://everybodys-nougyou.net/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SHOPPING

PROJECT

ページ上部へ戻る