ブログ

飲食店ポータルサイトは常に情報収集し、検索上位の対策を講じよ

(今日の一言:人生三度目の美容院にて、イケメンにしてと美容師に言ったら、人生初のツーブロックに)

HOME >> コラム >> 農業会社社長のど素人が激戦区で飲食店を経営してみた-飲食ビジネスの表と裏- >> 飲食店ポータルサイトは常に情報収集し、検索上位の対策を講じよ

どうも~ IT系集客サービスのテレアポインターから今の地位に這い上がった「アキマル」です。持論ですがね、あくまでも持論ですので無理強いしませんが、経営者って地位に興味があるのであれば、社会人一年目は新規テレアポ営業をガンガンやって、そこの会社でトップテレアポインターになることですかね。東京大学やハーバード受かるようなハイスペック頭脳者は置いといて、トップテレアポインターになれる力がつけば、どこの業界でサラリーマンやろうが、ど素人がIT会社つくろうが、飲食店を経営しようが、まぁ上手くやれるんじゃないですかね。少なくとも私もそうですが、テレアポ経験がある社会人はあまり目立たなくても、讃岐うどんの様に〇〇の強い経営を展開してます。

さて、このくだりだと「おっ、テレアポで成約率を高める7つの法則的な、アレのブログかな!?」と思うかもしれませんが、テレアポの極意はそうは簡単に教えられませんので、じらすにじらしまくりたいと思います。んで、今回は掲題のとおり「飲食店ポータルサイトは常に情報収集し、検索上位の対策を講じよ」について叙述します。まずは下図をご覧くださいな。

 

 

IT時代、つまりは24~26歳ぐらいに飲食店集客サポートをしていた頃、飲食店経営者や広告担当者は「食べログやグルナビをどう活用すれば売り上げが上がるのか?」が論点となっておりました。勿論、ブラックサービスを紹介するわけではありませんよ!その頃の食べログといえば、PC閲覧では点数至上主義なのに、なぜかモバイル閲覧では点数順では無かった ← (((え~、知らなかったよ~)))

まぁ、冷静に考えてみると、食べログはグルナビに比べるとマネタイズが上手くいっておらず、「1万」『2万』《3万》という広告サービスを始めるようになってね、それでその課金サービスの契約数を高めたかったから「オーナー様、これをやればモバイル版では順位が上がるんですよー!」というロジックになり、急に食べログ代理店なんかが多くなってさ、それで飲食店側はメダパーニャですよ。

はい!テレアポ時代に培った情報収集力(=契約率が高まる飲食店リストを探すなど)を使って、早速これを飲食パッケージとしてビジネス化するのがチャイニーズ・・・ではなく、アキマルさん。結局は、飲食店オーナーは費用対効果を重視しており、100万円かけても1000万円になるとイメージすることが出来れば、まともな経営者であればやる!実際に、飲食店関係者から「アキマルくん、さんのおかげで売上UPした!ホント、ありがとう!」という百戦錬磨の飲食店集客サービスを提供しておりました。んで、それを上手く他ポータルサイトにも応用すれば、だいたい効果があるのが一昔前!その時代、調子に乗ってグレーサービスを展開していた方々は、ステルスマーケティング系でTVで叩かれてましたね。

ビジネスは「驕れる者久しからず ただ春の夜の夢の如し 」です。調子に乗って、儲かるサービスにしてしまって、そのサービスを中心に考えた経営展開すれば、ドカーーーンです!そんなに世の中、甘くない。「オレは若いのに成功して儲かっているぜ!滅」 ← ホントに経験や技能があるのでしょうか? ドカーーーンになったあと、カネの切れ目が縁の切れ目って感じの人生にならないためにも、まともな仕事しましょう。では、次回もご期待ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 各種ご相談・お問い合わせはこちらから
http://everybodys-nougyou.com/?p=31

◇ 当社商品のご購入はこちらから
http://everybodys-nougyou.net/
発酵食品.tokyo
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]

  • 飲食店ポータルサイトは常に情報収集し、検索上位の対策を講じよ はコメントを受け付けていません。
  • 飲食ビジネス

関連記事

コメントは利用できません。

SHOPPING

PROJECT

ページ上部へ戻る