ブログ

食物ホルモンの定義と動物ホルモンとの違い

食物ホルモンとネットなどで調べると、それは、植物の体内で生産され、植物の成長を微量で調節する低分子量有機化合物と定義され、主にオーキシンの他、サイトカイニン、ジベレリン、アブシジン酸、エチレンなど8種類が知られています。

要するに、植物が自ら合成し、植物の中で働く物質です。秋になれば葉が枯れて落ちるのも、果物が熟すのも、花が咲くのも、それには全て植物ホルモンが関わっています。

そもそも食物ホルモンという用語は、脊椎動物が外部環境や体内の状態の変化などを伝えるホルモンにならって使われるようになりました。因みに、動物のホルモンの定義は食物とは違います。

これは、体内の特定の場所で合成され、血液中に分泌されてほかの場所に運ばれ、特定の器官に作用し、特定の変化を引き起こす化学物質です。植物ホルモンとは、分泌器官や標的器官が必ずしも明確ではないことや、ホルモン自体の働きを一概に説明できない点と云われてます。

食物を成長させるオーキシン、タネなしブドウをつくるジベレリン、人体に摂取すると免疫力アップに繋がると云われるアブシジン酸など、これから研究し、利用することが人類の進歩に繋がると期待できます。

*当社が経営してる飲食店でも活用してます

孟宗竹エキス「バンブリアン」の植物ホルモンを利用して飲食に活かす

 

Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]

関連記事

コメントは利用できません。

SHOPPING

PROJECT

ページ上部へ戻る