ブログ

道の駅シーサイド高浜オープニングイベントの報告書

HOME >> 記事一覧 >> 道の駅シーサイド高浜オープニングイベントの報告書

 

道の駅高浜フェアweb

 

イベント名:道の駅シーサイド高浜 REFRESH OPEN

日時:2016 4/2,3(土日)

限定企画:演奏やダンスなどパフォーマンス、手作りすいとん無料、ラーメン10円(先着150名)

交流出展:道の駅御前崎、高浜町商工会、川本昆布食品、農大ハチロク会

 

【道の駅シーサイド高浜】

道の駅シーサイド高浜は、福井県大飯郡高浜町下車持の国道27号にあり、

地中海の装いで統一された外観と農園ビュフェスタイルのレストランを中心とした

オシャレな道の駅です。

露天風呂や桧風呂、泡風呂などがある温浴施設「湯っぷる」やレストラン、

お土産の買える物販棟、情報スペース、休憩施設など充実しています。

 

IMG_20160402_060732

IMG_20160402_060906

IMG_20160402_113607

 

【イベント内容とその集客方法】

この度、道の駅シーサイド高浜を運営する指定管理会社が替わり、

ここ道の駅シーサイド高浜では、飲食・物販コーナーが装いを新たに生まれ変わりました。

また、リニューアルにあたって4月2,3(土日)はオープニングイベントが開催されました。

 

IMG_20160402_095745

IMG_20160402_100007

 

我々、農大ハチロク会は、新たに道の駅シーサイド高浜を運営する会社と

予てからお世話になっていたということもあり、

特設テントにて当社取引先メンバーおよび東京農大OB商品を販売PRしました。

 

 

IMG_20160402_112030

IMG_20160402_113734

 

 

ただ新天地という事もあり、どういった商品が好まれるか等

全く見当がつかなかったので、我々も運営側と協力し、集客に専念しました。

といっても、地理的制約や時間的制約が生じることから、以下の二点のみの取り組みとなりました。

 

・道の駅シーサイド高浜で新商品を販売

・道の駅御前崎の伊勢海老汁と、高村の信州味噌のコラボ企画

bartimes えん食べ など多数掲載

 

8P1_3184

IMG_20160402_113619

IMG_20160402_113643

 

【今回フェアの反省点と今後の課題】

高浜町の人口は10,000人程度だが、京都から車で2時間の距離ゆえ観光客も多く、

また運営側のオープニングイベントで様々なコンテンツを用意していると聞いており、

そういった情報を鑑み、私は約1,000人/日の来客を予想していました。

 

結果的に、道の駅シーサイド高浜の来場者数は分からないのですが、

我々のブースでご購入された点数が180/日 でしたので

我々のブースの客数はだいたい60~70人/日 ぐらいでした。

初日は、我々の出展ブースの大半の来客者がイベント参加者およびその家族でしたので

運営側の催し(演奏やダンスなどパフォーマンス)で救われました。

 

12512329_975952255821518_8794184296497470713_n

 

商品選定についても、長芋を例にして挙げると、初日の売り上げは3,000~5,000円程度でした。

道の駅シーサイド高浜の近くに、自然薯の特産地があることは事前に把握していのですが、

自然薯を食べ慣れているような方々は、自然薯よりも水っぽい長芋をあまり好まない傾向がありました。

また、道の駅シーサイド高浜では、野菜を購入する事を目的にした客層が殆んどいなかった。

 

IMG_20160402_142517

 

初日終了後、運営側の方々から

テント手前ではなく、テント奥に商品を陳列していたため、

思ったほど引き込めなかったのではないだろうか?

という貴重なご意見をいただきました。

 

個人的には、商品の配置など導線設計に失敗し、

各商品との相乗効果が生まれなかったのも反省点でした。

 

IMG_20160402_112038

 

そういった反省点を踏まえ、

二日目は次のような変更をしました。

 

—————————————————————————

野菜を初日よりもテントの前面に配置

—————————————————————————

価格も割高な感がありましたので、

二つ購入すると〇〇円に!というように割安感も演出するようにしました。

 

12439398_975952055821538_2733390706693608064_n

 

—————————————————————————

商品の値段や売り方を変更

—————————————————————————

 

先程、例に挙げた長芋も量り売り販売から、

小サイズ1本300円→2本500円 中サイズ1本700円 大サイズ1本1,000円に変更しました。

 

売り子さんの機転で、関西圏というのを逆手にとって、

表示価格から交渉次第で更に〇円引き(コミュニケーションの一環として)という販売で

お客様となんだか楽しんでいました。

 

その結果、長芋の売上は15,000~20,000円まで上がりました。

長芋は、二日間で約40kg販売しましたが、やり方次第でもっと売上UPを図れたと思います。

 

一方で、味噌や醤油ブースを前側に変更して、味噌汁など試飲を積極的に行いました。

醸造家も長芋農家同様に値段を下げるという交渉要素を設けのですが、

その結果、販売数が増えたものの客単価が下がったため、

味噌と醤油の売上は初日よりも落ちておりました。

 

二日目は、運営側の催し(演奏やダンスなどパフォーマンス)が無かったため、

道の駅シーサイド高浜の来場者数が初日よりも落ちていても、

功を奏してか我々のブース全体の売上としては、初日とあまり変わらかったです。

 

ここは海水浴目当ての観光客が多いと聞いたので、

今夏に大きなフェアがあるのであれば参加したいです。

ただ、近隣20km圏内を見ただけで2~3つの道の駅があるため、

来客数をどう増やすかといった施策が必要であります。

憶測ですが、野菜よりも加工品のようなお土産品をうまく魅せれれば勝機があると思っております。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 各種ご相談・お問い合わせはこちらから
http://everybodys-nougyou.com/?p=31

◇ 当社商品のご購入はこちらから
http://everybodys-nougyou.net/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SHOPPING

PROJECT

ページ上部へ戻る