ブログ

種無しぶどうを作るにはジベレリンが必要-タネなし果実が生まれる原理-

タネが有る!無し!で何かと話題のぶどう・・・種があると嫌だという方も入れば、一方で種があるブドウの方が美味しい!という方に分かれつつも、そもそも今では「ぶどう=種が無い」と思っている子どもが大半? 食育の議論にも上がる、やはり何かと話題のブドウ・・・

これは「ジベレリン」という食物ホルモン、正確にはジベレリン処理のおかげでタネなしがつくられのですが、これは一つ一つのぶどうの房を農家が、ジベレリン処理を手作業で行うので大変手間のかかる栽培方法です。植物ホルモンの中でも有名なのはオーキシン、ジベレリン、サイトカイニン、アブジシン酸、エチレンなどがありますが、これら農業現場で活用されているものを一般的に「植物成長調整剤」と呼ばれております。

植物ホルモンとは、物静な外見とは裏腹に、植物の発芽や、実をつけたり花を咲かせるといった、我々人間が真似できない驚きの力です。そもそも、我々が持っている動物ホルモンと植物ホルモンとは別なので、我々人間がぶどうに使っているジベレリンを微量摂取しても害はないはずです。危険といわれている環境ホルモンとは全く違うものですし。

しかし、生活者の皆様の中には、人為的にぶどうの形質を変化させることに対して、少し不安をもたれている方もいるようです。そこで、この原因物質である「ジベレリン」を中心としたタネなし果実が出来るワケを話すことで、皆様の不安を払拭したいと思いますし、同時に子どもの食育としても良い題材だと思いましたので、ここに叙述します。

 

ジベレリンという食物ホルモン

何度も言いますが、ジベレリンは植物ホルモンですし、これは植物体内で生成され、植物を成長されてたり、分化過程を調整する作用をもつ有機化合物です。動かない植物が見せる驚異の力を、我々人間が上手く活用しているのです。当然といえば当然なのですが、動かない植物や「ぶどう」の体内にも動物には真似のできない数々の食物ホルモンを備えております。私たち人間は、お米や野菜、そして果物などを食べる際、これらの植物ホルモンも同時に摂取して生きております。

そもそも「茎の背丈を伸ばす」という成長作用に着目した日本人研究者が、伸長促進効果があることを確認したという・・・発見には、日本人研究者たちが大きく寄与したという、まさに!日本人が発見した世界に誇れる植物ホルモンといっても過言でありません。不謹慎ですが、面白いもので、日本人が馴染み深い主食であるコメの収穫量が激変する「イネばか苗病」と呼ばれる病気の研究から発見されたというので、農業のイノベーションにはまだまだ発見されてない、または利用されてない食物ホルモンがキーになるのかもしれませんね。

 

タネなしぶどうができる理由

成長を促すという点ではジベレリンだけでなく、オーキシンもよく似た働きをします。ともに果実の成長に必要な食物ホルモンであり、その性質を利用することでタネなし果実がつくられております。そもそも、果実はタネがないと大きくならないのですが、タネは受粉しないとつくれません。因みに、オーキシンをトマトの花にかけると、タネが無くとも果実が出来るのです。因みに、いま流通しているトマトには、露地栽培されたタネあり、ハウス栽培のタネなしがありますので、皆様が食べているトマトがどちらなのか確認するのも、これまた食育。

果実はそもそも、動物に食べてもらって、その果実に含まれるタネを糞として排泄してもらうことで、自らの生息地を広げるためのものです。タネから出るオーキシンの指令により、果実の成長が起こることが確認されてますので、オーキシンを感知するとトマトはタネが出来たと錯覚し、果実を大きくします。同様に、イチゴもオーキシンによって赤い実の部分を肥大化させると云われております。

ジベレリンも、タネなしぶどうをつくるため、今では農業現場で使われてますが、その原理はつぼみにジベレリンを吹き付けると、受粉せずに果実が大きくなりすぎて、タネが爆発すると知られております。ただタネから果実にジベレリンが出されていることがまだ確認されておらず、ジベレリンによってぶどうの果実が大きくなる理由はまだ正確には突き止められておりません。

 

まとめ

食物ホルモンであるジベレリンの作用をまとめると、葉や茎の背丈を伸ばす、受精が無くとも果実を大きくさせる、休眠中の種子を発芽させるなどが挙げられ、種なし葡萄はこれら植物ホルモンによる処理によってつくられております。通常の栽培方法は、めしべに花粉がついて受粉することにより、子房の中に種子がうまれ、子房が実になります。ところが、受粉しなくても、ぶどうの房をジベレリン液に浸すことで、実を作り、それを肥大化させ結果的には爆発させます。そして、ジベレリンは自然界に存在する食物ホルモンであり、半世紀以上も農業現場で使用されていながらも弊害が生じたという報告がありません。すごいぞ!ジベレリン。他にも「タネなし果実」のつくられ方がありますので、いろいろ調べるのも食育。この時期はブドウ栽培時期なので、親御さんは子どもとブドウ畑に赴き、この話をすればポイントアップ◎

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 各種ご相談・お問い合わせはこちらから
http://everybodys-nougyou.com/?p=31

◇ 当社商品のご購入はこちらから
http://everybodys-nougyou.net/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]

関連記事

コメントは利用できません。

SHOPPING

PROJECT

ページ上部へ戻る