ブログ

日本式農業で海外進出!? ダラット(ベトナム)で活躍する日本人

HOME >> 記事一覧 >> 日本式農業で海外進出!? ダラット(ベトナム)で活躍する日本人

 

[前回のおさらい]

◇ メンバー:農業のエリート?

◇ 視察先:ホーチミンのスーパーマーケット

◇ 論点:輸出 or 現地で日本式農業を導入

ホーチミン(ベトナム)でも日本の農産物は人気があるのか!?

 

 

ホーチミンから北へ7時間、ベトナム中南部のダラット(写真はラサ)という高原地帯の街に到着。

ホーチミン市内では果物だけでなく、胡蝶蘭を大量に購入しているのが目立ちました。

 

福岡でイチゴと胡蝶蘭を生産する池君は、

栽培している「かおりの」も胡蝶蘭も自信がある!日本産を世界に輸出したい!

彼のように輸出の可能性を見出したい農家の人も多いと思いますので検討材料にして下さい。

 

 

今回、ダラットで活躍している日本人経営者を紹介して頂きました。

正直、その情熱と行動力には脱帽でした…

 

ダラットは気候も温かくて、標高が高いゆえに昼夜の寒暖差があるため良い農産物が作れます。

ただ、コンクリートのように固い赤土が問題みたいで赤土の改良が重要課題です。

 

当たり前ですが、ベトナムでは物流が整ってませんし、ましてや国からの補助金もありません。

現地の日本人が研究に研究を重ね…草丈を下げるために2本仕立てを考案したそうです。

ベトナムでは通年で収穫できるので、単収を上げるために創意工夫をしております。

 

 

なんと!サラリーマンを辞めて、日本から飛び出してダラットで農業をする若者がいました。

農業について教えてほしい…何かを吸収しようという前向きな姿勢に正直驚きました。

みんな、ありがとう!

 

 

視察した研修先の農家が、大学で専攻していたのは花卉。

ダラットでは花卉が適さないと判断し、野菜やイチゴを生産することに。

ただ日本式農業の導入と言っても、まだまだ本格的とは言えなかった…

 

ベトナムのダラットは青果の一大生産地なため、

すでに日系数社(というより個人)が日本種を使って栽培していますが、

現地の日本人が言うようにレベルが低いゆえに未だベトナム産よりましだからということで

一部在留邦人が買っている程度だと思います。

 

因みに、次の農家(商社出身)は非公開を条件としていたのでここでは割愛します。

ただ非公開にするような先進的な取り組みでもなかったです。

 

現地の農業生産者たちは日本の技術指導を取り入れ、

大々的にアジア圏に輸出したがっているのだと言動から判断できました。

ゆえに技術、生産を指導し、販売の協力(合弁会社)も一つの可能性として考えられますね。

 

因みに、花卉は台湾人が進出し、ベトナムの市場を広げているみたいです。

工業も農業も、韓国勢と台湾勢にシェアを奪われていた…頑張れ、日本人!

 

 

最後は、育苗(=昔の日本技術だった)に赤土の改良に努める会社。

野菜を食べた感想をいうと、生では食べられないなーと思いました。

 

記事を見るとベトナムには商機しかないのでは!?と思うかもしれませんが、

しっかり整理して戦略を立てる必要があると思います。

 

[日本式農業を世界に広げる戦略]

 

◇ 前提:食の問題(=隣の国の影響)で、安心安全な農産物の需要が高まっている

 

◇ ターゲット:新興国は富裕層が増えている、在留邦人や外国人が増えている

 

◇ 人件費:日本の1/10  手先が器用で勤勉だが、一方で単純な作業しか出来ない

(*)日本人マネージャーは不可欠

 

◇ 土地代:日本の田舎とさほど変わらない。タダ同然だと思っていたのだが…

 

◇ 輸出 or 現地生産 : トレードオフで考えた際、現地生産を選ぶべき

 

 

[現地生産の利点]

 

◇ レッドオーシャン市場(競争が激しい)では無ない

日本の農産物は完成しているので日本国内では販促費が必要。

一方、ベトナムでは日本式を導入することが先決であり、販売先はいくらでもあると思った。

 

◇ 国産の高級果物は買えない、葉物も日持ちするか問題

・前回のブログで書いたように、メロン¥15,000(輸送費などで3倍)は購入できない

・検疫の問題でそもそも輸出できない

・品質管理という概念が無く、空港で何日も放置されるので葉物がダメになる

 

◇ ベトナムを起点に、アジア圏に輸出

これが理想的ではないでしょうか!?

わざわざ、日本への輸出に固執する必要は無いというのが分かった。

 

だからと言って、無責任に「こんな島国に固執せず海外に出よ!」とは言いません。

日本の市場は素晴らしいですし、日本で上手くいっている要因を分析すればそれも納得です。

海外の事を考え続けて勝機があれば挑戦してみて下さい。勿論、サポートします。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 各種ご相談・お問い合わせはこちらから
http://everybodys-nougyou.com/?p=31

◇ 当社商品のご購入はこちらから
http://everybodys-nougyou.net/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]

関連記事

コメント

    • Nguyen Bach Khoa
    • 2015年 4月 07日

    お疲れ様です。

    私、ベトナム人のコアと申します。
    今日本の静岡にITの仕事をしています。
    静岡の苺が多くて美味しいですよね。

    ダラットに日本の苺みたいなものができれば、すごく儲けると思います。
    彼女の家族はダラットで苺を10年間ぐらいやっていますので、
    もしできであれば、ダラットで日本みたいな高品質の苺を一緒に起業しましょうか?

    メール nguyenbachkhoa@gmail.com までご連絡ください。

    よろしくです。

      • admin
      • 2015年 4月 13日

      ご丁寧にありがとう御座います。
      もしよろしければ、下記のメールアドレスまで詳細をおくってください。
      info@everybodys-agriculture.com

      東京農業大学で、ベトナムでレタスを作っている農家が講演されます。
      今、現地で一番有名な農家かもしれませんね。
      http://gia-nodai.com/events/

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SHOPPING

PROJECT

ページ上部へ戻る