店舗運営

いま、日本の食をめぐる現状は、生産、流通、消費ともに危機的な状況にあります。この状況を放置すれば日本の食料一次生産の疲弊、食の乱れによる健康破壊は避けられません。

このような危機を克服するため、NPO法人食農研センターは、問題の本質を追求し原因を明らかにするとともに、食料の生産、加工、流通、消費に関する事業を行い、食文化および食料自給率の向上、健康的な食生活の確率に寄与することを目的として、2006年に活動を開始しました。

設立と同時に、生協活動で食と農を学んできた5人の主婦で設立した「ワーカーズフェアビンデン 食と農の談話室(2002年設立)」の代表も、食農研センターの事務局長として加わり、東京のど真ん中(神田駿河台)の路面店で、日本の食と農を応援するお弁当店を開始しました。この飲食事業のフェアビンデンでは、「国産食材100%」を目指し、国産原料90%以上使用した「昭和のお母さんにおまかせ弁当(一日一種類)」を近くのOLやお父さんに販売しております。ただ私たちはお弁当を販売しているだけでなく、もっと日本のいい食材を知ってもらって、食料自給率を高めるための一つの手段として活動しております。

私たちが販売するお弁当の背景には生産者がいて、さらに生産されるものには命があり、その命の恩恵で私たちが生きていることを少しでも伝えられたら販売者冥利に尽きます。

そして、設立から10年が経ち、1986年生まれで東京農大卒の生産者・加工業者・醸造家で構成された「農大ハチロク会」が食農研センターのメンバーに加わり、平日11-19時限定で全国の農産物や発酵食品など伝統食品を販売PRしております。

他にも、フェアトレード委員会(代表:村田武・食農研センター理事長)では日本では生産できないコーヒーを輸入、販売しています。もちろん有機栽培の安全なコーヒーです。一般の方だけでなく、飲食店レストランを経営している方、または直売所など小売店を経営している方も商品について気軽にお申し付けください。

御茶ノ水の店舗情報はこちらから

Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]