ブログ

契約に向けて調査する5つの要素-バイヤー視点-

HOME >> コラム >> 農業経営のコンサルティング >> 契約に向けて調査する5つの要素-バイヤー視点-

 

写真は大手スーパーA社の

PB契約に向けた農場と選果場の視察です。

 

一般的なバイヤーが何処に注目しているかと言えば…

 

【農場視察】

①栽培方法

②栽培履歴

③圃場全体の整理や清潔感

④美味しい商品の判断の仕方

⑤圃場看板(管理番号の有無)

などをチェックしたりヒアリングします。

(*)いい商品を作っているか

 

【選果場】

①清掃

②ねずみや野鳥の侵入対策

③作業員の衛生管理

④トイレの手洗い

⑤喫煙場所の確保

⑥選果基準

をどのように守っているか、などをチェックします。

(*)衛生管理の他、商品にクレームが出ないような選果を実施しているか?

 

【資材倉庫】

①肥料の管理

②農薬の管理

はきちんと出来ているかをチェックします。

(*)責任者を決めて台帳で入出庫を管理しているか

 

【事務所】

①緊急連絡網

②病院、警察、消防などの連絡先

③組織図

④会社の経営方針

⑤苦情処理体制と是正措置の有無

⑥圃場台帳の整備

の他、掲示物のチェックをします。

 

【ヒアリング】

①生産量

②出荷時期

③希望単価

④他の生産者

との違いを聞きます。特に希望単価については、根拠を求められます。

 

簡単に言うと、良い作物を作っているのは当たり前で、

========================================

経営感覚を持ち継続的な事業が可能なのか?

食品の原料を生産している意識があるか?

========================================

以上をチェックします。

 

その後の流れは…

①バイヤーが商品力

・営力を精査してPBに推薦できるか決めます

 

②A社に商品提案します

・生産者としては、ここでバイヤーがPRできる要素を提案

 

③OKが出たら試験販売

④試験販売の精査をして問題なければ翌年に商品化となります

 

結構大変ですが、一度受注するとPBという性格上、

余程の事がないと契約打ち切りにはならないので、安定経営に寄与しています。 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 各種ご相談・お問い合わせはこちらから
http://everybodys-nougyou.com/?p=31

◇ 当社商品のご購入はこちらから
http://everybodys-nougyou.net/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SHOPPING

PROJECT

ページ上部へ戻る