ブログ

太陽に一番近い「幻の白菜」の紹介と料理レシピ

HOME >> 記事一覧 >> 料理レシピの紹介-太陽に一番近い幻の白菜-

 

「冬の白菜は甘みがあって美味しいよね。やっぱり旬は冬だよ」

冬の白菜は、鍋に欠かせない野菜ですよね。

勿論、全国的に白菜の旬は冬です。

 

しかし、味にうるさい業者が求める『夏の白菜』があるのです・・・

それは、標高1,300mという太陽に一番近い南牧村(生産量1位)です。

夏が旬で、冷涼な高原で育つ白菜は、とっても歯ごたえと甘みがって美味しいのです。

 

 

【南牧村の紹介】

野辺山高原(南牧村)は長野県の東端に位置し、

標高1,000~1,500mの高低差の激しい地域です。

年間平均気温6.9℃という冷涼な気候を生かし、レタス、キャベツ、白菜など生産し、

この高原野菜が交通機関の発達によって新鮮な状態で大都市に出荷されてます。

 

 

【夏でも美味しく食べられる白菜料理】

■ 白菜と豚のミルフィーユ

豚バラと白菜を重ねて作る料理です。

シンプルな味付けなのに、白菜とバラ肉の素材の味がしっかり出ます。

ミルフィーユの作り方はこちらを✔

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 各種ご相談・お問い合わせはこちらから
http://everybodys-nougyou.com/?p=31

◇ 当社商品のご購入はこちらから
http://everybodys-nougyou.net/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SHOPPING

PROJECT

ページ上部へ戻る