ブログ

「若い女性が見て楽しめる」新感覚の漬物を

HOME >> 記事一覧 >> 「若い女性が見て楽しめる」新感覚の漬物を

 

忘年会や、クリスマスパーティー、色んな女子会などイベントが目白押しのこの季節。

今は外よりも彼や友達など気を許す人と共にホームパーティーをする人が急増中といいます。

そこでは、キレイなカクテルや洋食などオシャレに演出され、

わざわざ「漬物」でおもてなしをする方は少ないと思います。

 

実際、12月の漬物消費量は落ちこみますし、

そもそも日本の食生活の洋風化傾向から減少傾向にあります。

 

そういった状況を踏まえ、

農大ハチロク世代(1986年生まれの東京農大卒業生グループ)メンバーの

有限会社八島食品と株式会社みんなの農業が、

漬物の需要喚起も狙って、従来では考えられなかった

「若い女性が見て楽しめる」トマトジュレやカラフルなピクルスなどを開発しました。

 

そして今回、パーティー・女子会などに最適な商品

①食べて二度美味しい!新感覚のトマトジュレ

②国産野菜限定のカラフルピクルス

③早摘みタイプのフレッシュオリーブの新漬

に加えて、12限定でトマトジュレの素300ml(非売品)をサービスし、

若い女性に漬物の魅力を再発見してもらえるよう企画しました。

カラフル漬物セット【12月限定-ジュレの素300mlサービス-】

 

トマトジュレラベル

 

  • 背景 (漬物業界の衰退)

「美容や健康のために野菜を食べましょう!」とはよく言われることですが、

生野菜をたくさん食べるのは容易なことではありません。

かといって加熱すると、折角のビタミン類を壊してしまいます。

その点、漬け物はビタミン類を壊すことなく、

しかも美味しく野菜を食べることのできる絶好の「健康食品」と言っても過言ではありません。

 

野菜なのでヘルシー且つ低カロリー、それだけでごはんのおかずに合う。

日本の食卓に欠かせない漬け物ですが、

漬物はお年寄りが好むもの、塩分が高いので控えたい、においが気になる、

重いので一人暮らしには敬遠される、などネガティブな印象も受けます。

 

さらに、若者の野菜摂取減少に加え、

食文化が「漬物⇒サラダ」へ移行しており、

漬物業界では年々出荷量の減少、企業の撤退が相次いでおります。

 

  • 福島の漬物屋の挑戦

八島食品では美味しさだけでなく、

コリンキー、ズッキーニなど色鮮やかでおしゃれなイメージの野菜を浅漬けにし、

若い女性が求めている「見た目の良さ」を追求しました。

 

一方で、低カロリーで体に良い、お肌に良いもの、簡単で手軽なものなど

女性が自身の食事に求めているものが漬物にはあるため

もっともっと若い女性にも目を向けてほしい。

 

そんな気持ちもあり、八島食品では

『お漬物は小鉢にとるもの』という従来の考え方だけでなく

『メインディッシュのお皿に添える』という方法で

興味を持ってもらえるよう工夫しました。

 

そこで今回「サラダのトッピングにも活用させよう」

「漬物の液も捨てずに食べられるように商品設計しよう」

ということで今回のプロジェクトを企画しました。

 

試作、試食を繰り返し、ようやく第一号の商品ができ、

テスト販売をしたところ見た目のインパクトでお客様の目を引くことが出来ましたが、

「トマトだけでは色合いが乏しい」「ピクルスなんだからすっぱいと思った」

など貴重なご意見をいただいたので再度改良を行い

『レモンのスライス』をトッピングし、色合いを良くしました。

更にレモン果汁で爽やかな酸味を加えた商品に仕上げました。

 

さて、このトマトのジュレの原料は国内産とくに福島産にこだわっております。

福島の復興に少しでも貢献し、

さらに漬物業界全体のイメージUPに寄与できればと思っております。

カラフル漬物セット【12月限定-ジュレの素300mlサービス-】

ジュレのキャッチコピー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 各種ご相談・お問い合わせはこちらから
http://everybodys-nougyou.com/?p=31

◇ 当社商品のご購入はこちらから
http://everybodys-nougyou.net/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SHOPPING

PROJECT

ページ上部へ戻る